入試案内

HOME入試案内教育研究上の目的・ポリシー

教育研究上の目的・ポリシー

教育研究上の目的

医学部

 本学部は、「人の健康と福祉の増進」という医学の使命を達成するための人材を組織的に養成する。

生命科学科

 人間科学としての医生命科学へ寄与するために、生命医科学と医工学の集中的教育によって、人間科学に立脚した医学研究に携わる人材を組織的に養成する。

ページの先頭へ戻る

ディプロマポリシー

A知識・理解
  • 生体の構造と機能の基本原理を説明できる。
  • 様々な疾病について恒常性維持の仕組みの破綻と関連づけて説明できる。
  • 個体の反応、病因と病態について説明できる。
  • 広く生命現象の解明ならびに疾患の病因・病理・病態の解明に必要な研究について説明できる。
B専門的能力
  • 生体の構造と機能およびその他の生命現象を解析し、その結果を解釈することができる。
  • 個体の反応、病因と病態を解析し、その結果を解釈することができる。
  • 生命医科学領域における研究課題を設定し、その解決のための実験等を自ら計画し、実行できる。
C汎用的能力
  • 日本語ならびに外国の医学生物学論文を読解し、その内容を他者に分かり易く説明するためにプレゼンテーションすることができる。
  • 他者の医学生物学的プレゼンテーションを理解し、科学的討論をすることができる。
  • 情報通信技術を活用して他者とコミュニケーションできる。
  • 生命医科学領域の研究を進めるための様々な解析機器、ソフトウェアを正しく操作することができる。
D態度・志向性
  • 最新の医学生物学的知識、技術の習得に努める自主性と積極性を持つ。
  • 研究を通して医学生物学の発展に貢献しようとする意欲を持つ
  • 自らが持つ医学生物学的知識、技術を広く社会に還元する志向性を持つ。
  • 自ら進んで課題を設定し、周囲と強調してその解決に取組む積極性を持つ。

ページの先頭へ戻る

カリキュラムポリシー

系統生命科学Ⅰ・Ⅱ
  • 医学科学生との合同授業で、からだの仕組み、病気を引き起こす原因や薬とからだの反応について医学知識を修得するとともに、基本的な実験操作を修得する。
国際生命科学
  • 早期研究室体験実習の研究成果を基に英文論文を作成し、ポスターを用いた英語での口頭発表により、情報を簡潔明快に伝えられる能力を上達させる。
系統生命科学Ⅲ
  • 分子生物学や細胞生物学の研究に必要な方法論の基盤と応用例を学ぶ。また、再生医療や遺伝子細胞療法の実際について学ぶ。
  • ウイルス学、創薬科学、神経病理学に関して最先端の知見をより深く学ぶ。 生体が外界からの刺激を受容し、細胞内核内に伝えることで、刺激に対し臨機応変に応答しながらその機能を維持することを学ぶ。
  • 希望する研究室に在籍し、教員の個別指導のもとに研究に取り組み、成果をまとめて卒業論文を作成することで、研究に必要な基礎的能力を身につける。

ページの先頭へ戻る

アドミッションポリシー

 医学部生命科学科では、ヒトならびに様々なモデル動物を対象とした次世代の生命医科学研究と医学教育を担う人材を育成し、世界に向けて輩出することを目標としています。そのために、本学科では多様な生命活動とその分子メカニズムに興味を持ち、未知の領域を探求する旺盛な好奇心と柔軟な思考力をもつ学生を歓迎します。同時に、国際的に活躍するには高い語学力が求められます。研究のみならず語学力の向上に向け、意欲的に取り組む学生を歓迎します。

教育理念 (教育理念・目標、育成する人材像等)

 医学部生命科学科に入学した学生は、生物学と医学の幅広い基礎的知識を修得することが求められます。その後に、生命医科学の最新の知識の修得を可能とするプログラムが準備されています。このような教育プログラムによって「幅広い知識と高度な専門的能力を備えた人材」、「課題発掘ならびに問題解決能力を備えた人材」、「生命医科学の研究分野でリーダーシップを発揮できる人材」、「国際的視野に立ち基礎医学教育を担う人材」を育成したいと考えています。

教育プログラム
教育課程の特色・内容

 生命科学科では、1、2年次において生物学や医学の基礎知識を修得するとともに、種々の実習科目において基本的な実験操作を修得します。さらに、高年次おいては分子細胞生物学、高次機能制御学、生体情報科学、臨床医学等の講義(下記を参照のこと)を通じ、最新の研究に関する知識を修得します。また、3年次の早期研究室体験ならびに4年次の卒業論文研究では、希望する研究室に在席し、教員の指導のもとに研究を開始します。卒業論文研究では、学生一人ひとりにテーマを設定し、卒業論文を作成しますが、この過程で研究を行う上で必要な基礎的能力を身につけます。  
  国際的に活躍する人材を養成するためには、高い英語力が不可欠です。そこで、英語教育を重視したカリキュラムを準備しています。英語論文の読解だけでなく、コミュニケーション能力の修得に向け、外国人教員による講義を行います。

1. 分子細胞生物学:
生化学、細胞生物学、ゲノム医科学、構造生物学、微生物学
2. 高次機能制御学:
免疫学、分子薬理学、脳・神経機能学、分子病理学、予防医学、分子疫学、発生再生医学、遺伝子・細胞療法学
3. 生体情報科学:
情報生物学、遺伝情報解析学
4. 臨床医学:
脳神経・運動器概論、循環器概論、呼吸器・造血器概論、腎・泌尿生殖器概論、周産期・成長発達医学概論、アレルギー・膠原病・感染症概論、消化器概論、心身医学・精神医学概論、内分泌・代謝・老化概論、感覚器・皮膚概論
教育指導体制

 生命科学科ならびに医学科教員が本学科の教育プログラム全般を担当します。また、必要に応じて学内の他学部の教員や他大学の教員が本学科の教育に参加します。各学年には担任を置き、個々の学生からの相談に対応します。

求める学生像 (求める能力、適正等)

 人を含む様々な生物の生命現象に興味を持ち、生命医科学関連領域の勉学と研究に情熱をもって臨む志の高い学生を求めます。本学科では将来の生命医科学研究と医学教育を担う多数の人材を輩出するため、基礎的講義を土台に最先端の生命医科学研究を行うまでの教育プログラムを準備しています。このような講義ならびに研究内容を理解するには、高校において理系科目(数学、理科〔生物、化学、物理〕)の履修を通じ、自然科学の基礎知識を習得するとともに、文系科目(国語、英語、社会)も幅広く履修することが望まれます。また、論理的に思考し、同時に論理的な説明を行う能力ならびに論理的な文章を書く能力を備えていることが望まれます。

入学者選抜の基本方針(入学要件、選抜方式、選抜基準等)

 入学者選抜に関しては、一般入試(前期日程)のみを実施し、12名の定員です。選抜は、大学入試センター試験の成績及び個別学力検査の成績並びに面接試験を実施し、合否を総合的に判断しています。

ページの先頭へ戻る